vol.01  20110427  箕面自由学園高-1 11:08
vol.02  20110518  市立柏高-1 17:37
vol.03  20110608  京都橘高-1 17:05
vol.04  20110622  市立柏高-2 16:58
vol.05  20110629  箕面自由学園高-2 11:53低解像度
vol.06  20110720  市立柏高-3 16:34
vol.07  20110803  箕面自由学園高-3 14:29
vol.08  20110817  京都橘高-2 15:14低解像度
vol.09  20110824  市立柏高-4 13:48
vol.10  20110831  箕面自由学園高-4 15:38
vol.11  20111207  ≪完結編≫
  vol.11-1  20111207-1  京都橘高・箕面自由学園高  49:27
  vol.11-2  20111207-2  市立柏高・全国大会 44:59

動画は各回のタイトルからリンクω


吹奏楽の旅2011  vol.01  箕面自由学園高-1 11:08

昨年もやって大好評!!もう皆様にもおなじみの企画「吹奏楽の旅」!!
吹奏楽に青春を燃やす高校生の部活動に密着するこのコーナー!!今年もやります!!
しかし、今年はいつもと違うんです!!それは・・・
「マーチング編」
座って演奏をする通常の吹奏楽とは違い、楽器演奏プラス華麗で優雅な団体行進などが求められるマーチング!それは、究極の体育会系文化部とも評される!!
笑ってコラえて!では、今後熱き高校生の汗と涙の青春ドキュメントに密着します!!
このコーナーも今回が第一弾、見ないと損すること間違いなし!!

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/old/next/110427.html

吹奏楽の旅2011  vol.02  市立柏高-1 17:37

今年もやります!吹奏楽の旅!
昨年、大好評のうちに幕を閉じた「吹奏楽の旅2010」。今年は吹奏楽の中でもマーチングにスポットを当てる。
今回の取材校は千葉県にある市立柏高等学校。
全日本マーチングコンテストで出場した5大会連続で金賞を受賞するなど、マーチングで他校を寄せ付けない圧倒的な強さを見せている。また、吹奏楽の甲子園「普門館」で行われる全日本吹奏楽コンクールの常連校でもあり、全国大会22回出場、金賞12回を誇る強豪としても名を知られている。
そして市立柏高等学校を率いるのは顧問の石田修一先生。石田先生のモットーは「美しい音楽は 美しい環境から」。美しい音を奏でる為の練習場所が学校なので、掃除を行う時は手分けをして学校全体を掃除している。
そんな名門 市立柏高校に入学する中学生に密着!
果たして中学時代に全国大会を経験しているエリート中学生4人は、市立柏高等学校で通用するのか?未経験者も多数いるなか、無事全国大会に出る事が出来るのか?
新生「市立柏高校」の新たなる挑戦が始まる!!

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/old/next/110518.html

吹奏楽の旅2011  vol.03  京都橘高-1 17:05

この春から始まった『吹奏楽の旅2011 マーチング編』
今回は、躍動感溢れるダンス&演奏を武器に全国大会で2年連続金賞に輝いた“京都橘高校”が登場します。
かつて全国大会の常連だった京都橘高校。しかし2000年を最後に4年連続で関西支部大会止まりと、伸び悩んでいた時期がありました・・・。そんな京都橘高校を救ったのが“ダンス”だったんです!
一糸乱れぬ“ダンス”と“音楽”のコラボ。たゆまぬ練習によって京都橘オリジナルのまったく新しいマーチングが誕生しました。体育会系顔負けの超過酷なトレーニングにスタジオ騒然・・・!
華麗に舞い、見る者を魅了する京都橘高校。必見です!
部活に燃えた青春時代を思い出しながら、是非ご覧ください。

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/old/next/110608.html

吹奏楽の旅2011  vol.04  市立柏高-2 16:58

大好評吹奏楽の旅マーチング編は千葉県の名門・市立柏高校に密着します!
市立柏高校は全日本マーチングコンテストにおいて出場した5大会全てで金賞を受賞!さらに、吹奏楽の甲子園・全日本吹奏楽コンクールの常連校でもあり、金賞を12回も受賞しているという吹奏楽界の超名門校なのです!!
今回はそんな超名門バンドで、隊形移動等の指示を出し、マーチングバンドの“花形“指揮者役「ドラムメジャー」のオーディションに密着です!
ドラムメジャーを目指すのは、一年上の先輩に憧れて目指す海老原さんと、先生からの推薦で挑戦する中原さんの2年生2人。しかもこの2人はなんと中学生時代からの大親友なのです!
吹奏楽部の個人練習時間のみならず、部活後の夜間や、早朝6時からの朝練など、努力を重ねて迎えたオーディション当日。親友同士が1つの座を巡る争い!果たしてどちらがその座を手にすることができるのでしょうか!?
マーチングに青春の全てを懸ける若者たちの熱きドラマは必見です!!

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/old/next/110622.html

吹奏楽の旅2011  vol.05  箕面自由学園高-2 11:53
(解像度が低い録画でスミマセン)

今回登場するのは大阪・箕面自由学園(みのおじゆうがくえん)。
3年連続で全国大会に進めない金賞、通称”ダメ金“に泣いている同校は、悲願の全国大会初出場を目指し今年こそはの想いで、必死に練習に励んでいます。
そんな箕面自由学園は、新入部員が45名加わり新体制となっていました。
マーチングの基本は1歩=62.5センチ、5m=8歩で歩くこと。これが少しでもズレてしまうと、隊列が乱れ正確なマーチングが出来なくなってしまうんです。
そのため、この基礎を1年生に教えるため上級生が見本を見せようとしたのですが・・・、そこで問題が発生してしまいます!
今年こそ悲願の全国大会出場を目指す箕面自由学園。彼らのがんばりに要注目です!

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/old/next/110629.html

吹奏楽の旅2011  vol.06  市立柏高-3 16:34

熱い高校生に密着する恒例企画!吹奏楽の旅2011 マーチング編!
今回は全国大会常連の強豪・市立柏高校に密着!
楽器未経験のド素人1年生&マーチング未経験の天然キャラ1年生の2人に注目です!
更に全体演奏でバラバラだった音が、顧問:石田修一(いしだしゅういち)先生の一言で全く別の音に変わる!その瞬間も見逃せません。
そして生徒全員から石田先生に対するまさかのサプライズあり!石田先生の反応やいかに?
感動の市立柏高校 マーチング編の詳細は放送をお楽しみに!

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/old/next/110720.html

吹奏楽の旅2011  vol.07  箕面自由学園高-3 14:29

大好評吹奏楽の旅マーチング編は大阪府・箕面自由学園に密着です!
箕面自由学園はこれまでに1度も全国大会に出場した事が無く、近年では5年連続で1歩手前の関西支部大会止まりという状況。今年こそは悲願の初出場でうれし涙を流したい!!断固たる決意で練習に打ち込む彼らに、先生から次々に新たな技が導入されます。
その一!一歩一歩をつま先で着地する「ハイステップ」!
その二!楽器を左右に振りながら演奏する体力的にもハードな「クイックマーチ」!
そしてさらに追い打ちをかけるように体を酷使する第三の技が導入されます!
果たして、初の全国大会出場の切符を勝ち取るべく、箕面自由学園はどう変貌を遂げるのでしょうか!?

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/old/next/110720.html

吹奏楽の旅2011  vol.08  京都橘高-2 15:14
(解像度が低い録画でスミマセン)

吹奏楽の旅マーチング編は強豪 京都橘高校!
彼らの伝統芸、華麗なステップで魅せる「Sing Sing Sing」は圧巻!
そんな京都橘高校吹奏楽部には、もう一つ伝統がある。それは部員全員があだ名で呼び合う事。
後輩たち憧れの「ホラっちゃ」先輩は、「ホラー映画」と「まっちゃ」が好き・・・そう『ホラ』ー映画と、ま「っちゃ」でホラっちゃ(笑)
そんな技術とユニークさを兼ね備えた橘高校にも悩みのたねが…
全国で戦うには、今年は人数が少ない・・・
しかも入部してきた新入生の多数がマーチング初心者!
これまで全国大会で華々しい結果を残してきた橘高校!
果たして伝統を受け継ぎ、次に繋げてゆくことは出来るのか?橘の熱い夏が始まる!

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/old/next/110817.html

吹奏楽の旅2011  vol.09  市立柏高-4 13:48

熱い部活動に青春をかかる学生に密着する人気コーナー。
今回は超名門!市立柏高校に密着!
マーチングの要となる指揮者役 ドラムメジャー。
たったひとつの座をかけ、昨年の全国大会でドラムメジャーを務めたベテラン3年生と、ドラムメジャー未経験の新米2年生による先輩・後輩のガチンコ対決が勃発!
市立柏高校の伝統を守るため必死に練習に励む2年生。そして、昨年の全国大会でバトンを落としてしまったリベンジを果たそうとする3年生…
たった1人しかなれないバンドの顔・ドラムメジャーをかけて、ついに最終オーディションが行われる!
選ばれるのは果たして!?そこには涙の結末が…

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/old/next/110824.html

吹奏楽の旅2011  vol.10  箕面自由学園高-4 15:38

高校の部活動に密着してお送りする恒例企画!今年は、吹奏楽のマーチングに青春をかける熱い高校生たちを紹介しています。
今週登場するのは、大阪・箕面自由学園高校。
5年連続、関西支部大会止まりのこちらの高校では、マーチングと併せて、座って演奏する「座奏」でも全国の舞台を目指している。
この時期、箕面学園吹奏楽部は、「座奏」の大阪府大会突破を目指して練習に励んでいた。「座奏」のメンバーは、113人の中から選抜された55人。
残る58人のマーチングメンバーは、全体練習、及び合奏が出来ないため、日々、ステップの歩幅を確認する基礎練習に明け暮れている。
そんな状況の中、マーチングのメンバー選抜のオーディションが行われることになった。
人数制限のないマーチングだが、やはり一定のレベルに達していない者は、メンバーに入ることは出来ない。1年、2年でオーディションに落選し、今年が最後のチャンスとなる3年生、中学時代はバスケットをやっていて吹奏楽経験のない1年生など、それぞれの思いを胸に、オーディションに臨む。
そして、2つの全国大会の一つ「座奏」の大阪府大会を迎える箕面自由学園吹奏楽部。
はたして、この関門を越え彼らは全国の舞台にコマを進めることが出来るのか。
全国の吹奏楽バンドの真価が問われる季節がやってきた!!

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/old/next/110831.html


笑ってコラえて!音楽祭 マーチングの旅 完結編
本番は1回やねんで♪ 胸に抱け青雲の志 スペシャル

大好評『吹奏楽の旅2011 マーチング編』がいよいよ完結!!
笑ってコラえて!では今年3月から、全国大会を目指す3つの学校を完全密着!
冷たい雨が降りしきる日も、灼熱の太陽が照りつける日も、マーチングに青春の全てを懸ける高校生たちを追いかけてきました!
果たして彼らに待っているのは歓喜の結末か?はたまた涙の結末か?
マーチングに全てを懸ける高校生たちの熱き物語をご覧ください!
スタジオには坂下千里子さん、中野裕太さん、後藤輝基さん(フットボールアワー)、そして日本屈指のサックスプレイヤー・MALTAさんをお迎えしてお送りします!

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/old/next/111207.html

吹奏楽の旅 2011  vol.11-1  完結編-1(京都橘高・箕面自由学園高)49:27

★京都橘高校(京都府)
まず登場するのは、マーチングに革命を起こした『京都橘高校』
京都橘高校最大の特徴は、何と言っても“踊るマーチング”と称される躍動感あふれるダンス
かつて全国大会の常連だった京都橘高校ですが、2000年を最後に4年連続で関西支部大会止まりと、伸び悩んでいた時期がありました。
そんな閉塞状態だった京都橘を救ったのが、生徒が発案した“ダンス”だったんです!
“ダンス”“マーチング”がコラボした事により、京都橘高校オリジナルのまったく新しいマーチングが誕生!
京都橘のテーマソングとも言える“ダンス付きSing Sing Sing”は旋風を巻き起こし、2008年・2009年と2年連続で全国大会で金賞を獲得!
今年もこの“Sing Sing Sing”を引っさげ、2年ぶりの全国大会出場を目指します!
しかし、今年の京都橘は69人という少人数での挑戦。
全校の強豪と言われる学校は、人数が100人以上の場合が多く、69人という少人数はマーチングにおいて不利と言われています。
そんな京都橘高校を率いるのは、後輩から“ホラっちゃ先輩”と慕われる、3年生のドラムメジャー・朝田さん。(ホラー映画と抹茶が好き=ホラっちゃ)
ダンスも演奏も完璧にこなす“ホラっちゃ先輩”ですが、後輩から「スパルタすぎる・・・」と泣きが入るほど、厳しい練習を行います。
しかし、そんなスパルタな超体育会系練習が京都橘の華麗なステップを支えているんです。
さらに!今年の京都橘は“Sing Sing Sing”を改良!難易度の高い技を加え、全国大会出場を目指します!
新技の名前は通称“ぐるぐる”!一見、かわいらしい技かと思いきや、そうではないんです!
楽器を吹きながら、全速力で駆けまわる“ぐるぐる”、あまりの難しさで練習中に転倒者が続出。
なんと、京都府大会当日の朝まで成功することはありませんでした。
果たしてホラっちゃ先輩率いる京都橘高校は、少人数の不利に負けず見事“ぐるぐる”を完成させ、全国大会に出場出来るのか!?

★箕面自由学園高校(大阪府)
続いては悲願の全国大会初出場を目指す『箕面自由学園高校』
同校は3年連続で全国大会に進めない金賞、通称”ダメ金“に泣いており、今年に懸ける想いは並々ならぬものがあります。
そんな全国大会初出場を目指す彼らの課題。まずは基礎をしっかり身につける事!
マーチングでは1歩を62.5cmで歩くことが、全国どこの学校でも共通のルール。
この歩幅の感覚を徹底的に体に覚え込ませないといけません。
しかし箕面自由では、コンテスト経験者である上級生でさえも、この62.5cmや基本的な動作がままならない状態。まずは基礎から徹底的に鍛え上げる必要がありました。
そしてもう1つの課題が、メンタルの弱さ
「今年は、気持ちの面で相当持っていかないとあかん」と顧問の先生が語るように、どうも部員たちに気迫が感じられず、迫力に欠ける模様・・・。
全部員が気持ちを1つにして大会に臨まなければ到底全国への道は開けず、このままでは全国大会はおろか、大阪府大会突破も危うい状態・・・。
箕面自由はこの2つの課題を抱え、初の全国大会出場を目指し徹底的に練習を重ねてきました。
雨の日も、炎天下の日も、暗闇の中でも、ただひたすらに練習の繰り返し。
初めは全く揃っていなかった彼らでしたが、心を1つに毎日毎日繰り返し行うことで、何とか完成に近づけていきます。
しかし、迎えた全国大会への第一関門・大阪府大会3日前に大問題が発生!!
なんとレギュラーメンバーに突如欠員が出てしまうという大ピンチ!
このチームの危機に急きょ代役で抜擢されたのが、チームのサポート役に回っていた1年生の横山くんと2年生の石原くん。
大会までの残り3日間で、他のメンバーと同じステップを完璧に覚えなくてはならない事態に!
果たして彼らは大会までの3日間で、完璧に仕上げる事は出来るのか!?
弱点のメンタルを克服し、悲願の全国大会初出場なるのでしょうか!?

吹奏楽の旅 2011  vol.11-2   完結編-2(市立柏高・全国大会)44:59

★市立柏高校(千葉県)
最後は全国屈指の強豪『市立柏高校』
市立柏高校は全国大会で通算14回も金賞に輝いており、他校を寄せ付けない圧倒的な強さを見せているマーチングの超名門校。全国大会での金賞獲得が必至となっています。
そんな柏高校を率いるのは吹奏楽指導歴34年の鬼才・石田修一先生
石田先生の指導する市立柏高校のマーチングは、正確な演奏にド派手なパフォーマンスと、毎年観客を楽しませてくれます。そのマーチングはもはや芸術の域!
しかし、その裏には一切の妥協を許さない石田先生の厳しい指導がありました。
たった3センチの位置の間違いを完璧にするために、何百回と繰り返される隊列の練習・・・。
この一切の妥協を許さないスタイルこそ、市立柏の強さの秘密であり、石田イズムなんです!
その中でも注目は、市立柏高校のお家芸とも言えるシンバル隊
市立柏高校では他校に類を見ない16人もの大人数でシンバル隊を形成。そのド派手なパフォーマンスは、市立柏の大きな武器となっています。
笑ってコラえて!では、そんなシンバル隊に挑戦する1年生部員の鈴木さんに密着!
シンバル隊を自ら志願した鈴木さんですが、シンバル2枚の重さは約2kg。
それを長時間手放すことなく動かし続ける練習は、華奢な女の子にはかなりつらい様子・・・。
自然と先輩からの檄も激しくなり、指導も厳しくなります。
しかし、そこで甘えていては常勝・市立柏高校のシンバル隊は務まりません。
過酷をきわめる練習を克服して、本番で大輪のシンバルの花を見事に咲かせることが出来るのか!?
そして全国大会での連続金賞受賞なるか!?常勝・市立柏高校に注目です!!

引用:NTV笑ってコラえて!