vol.01  20120411  京都橘高-1・精華女子高-1・東海大付属相模高-1 14:01
vol.02  20120418  京都橘高-2 13:38
vol.03  20120425  東海大付属相模高-2 13:02
vol.04  20120516  精華女子高-2 16:39
vol.05  20120523  東海大付属相模高-3 18:27
vol.06  20120613  京都橘高-3 16:42
vol.07  20120620  精華女子高-3 19:39
vol.08  20120711  東海大付属相模高-4 16:59
vol.09  20120718  京都橘高-4 14:57
vol.10  20120829  精華女子高-4 14:16
vol.11-1  20120919  東海大付属相模高-5 16:12
vol.11-2  20120919  精華女子高-5 16:13
vol.12  20121031  京都橘高-5 10:04
vol.13  20121114  東邦高-1 14:52
vol.14  20141205  ≪完結編≫
  vol.14-1  東邦高-2 32:20
  vol.14-2  精華女子高-6 31:32 【工事中】
  vol.14-3  京都橘高-6 34:36
  vol.14-4  東海大付属相模高-6 33:28
  vol.14-5  全国大会 31:06

動画は各回のタイトルからリンクω

なんか知らんですケド
 吹奏楽の旅2012  vol.14-2  精華女子高
の動画がDairyさんからナクナリマシタ,,,
とりあえず【工事中】にしてあります…。
再アップの際にはお知らせ致しますが、暫しお待ちください。
(間違って【報告(通報)】しちゃった方はいらっしゃいませんか?)

関係者の方から削除依頼があったことも考えられます…
削除済み動画を再アップしてID停止になってもナンなので、当面放置してみます,,


吹奏楽の旅2012  vol.01
京都橘高-1・精華女子高-1・東海大付属相模高-1
 14:01

昨年、笑ってコラえて!が取材した部活動は吹奏楽の総合芸術・マーチング。
約9ヵ月間密着取材した大阪箕面自由学園・千葉柏高校・京都橘高校の三校は見事全国大会に出場。
金賞という目標を達成し嬉し涙を流した、箕面自由学園と柏高校。あと一歩の銀賞に悔し涙を流した京都橘高校。
結果は様々であったが、音楽と一糸乱れぬ動きで見る者を魅了してくれた各校のマーチングは我々に勇気と感動を与えてくれた。
マーチングに燃えた若人達の熱い青春。
その感動を今年も見てみたい!
ということで、今年もやります!『吹奏楽の旅2012マーチング編』!!

今年番組で密着取材する三校はコチラ!
去年全国大会で惜しくも銀賞を受賞した“京都橘高校”。
なんと番組初2年連続の取材が決定!
リベンジを狙う橘から今年も目が離せない!

二校目は、昨年番組で取材し、全国大会金賞を受賞した市立柏高校の顧問・石田先生に、「私たちより上を行く学校があった。」と言わしめた日本トップクラスの実力を誇る“福岡の名門・精華女子高等学校”。
女子校とは思えない力強い演奏と隙のない完璧なパフォーマンスを披露する精華は、昨年の全国大会で見事金賞を受賞。
今年はそんな名門・精華に密着!彼女達の強さの秘密に迫る!

三校目は2009年以来の全国大会出場を目指す神奈川県の“東海大学付属相模高等学校”。
実力は年々上がってきているというが、過去全国大会出場を果たしたのは僅か2回。
なかなか全国大会出場の切符を手に入れられない東海大相模。
それにはある理由があった。
東海大相模が超えなければならない壁とは一体!?

マーチングにかける高校生達の熱いドラマが、今また始まる!お楽しみに!!

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/old/next/120411.html

吹奏楽の旅2012  vol.02  京都橘高-2 13:38

マーチングの旅は、京都橘高校に番組史上初2年連続で密着!
昨年の全国大会でおしくも、連続金賞は途絶えて涙に暮れた彼らだったが、今年はやる気にみちあふれた多くの新入生が入部!
あこがれの京都橘 吹奏楽部に入部予定の彼女達は「パレード見ただけで鼻血が出そう」など橘の演技に興奮しっぱなし!
ところが大量の新入部員を確保できそうな京都橘に大問題が発生!!
今まで使えていた楽器が使えなくなるという!
一体どういうことなのか!どうなる京都橘!!

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/old/next/120418.html

吹奏楽の旅2012  vol.03  東海大付属相模高-2 13:02

今回は、神奈川県 東海大学付属相模高校に密着。
東海大相模は昨年、東関東支部大会で銀賞に終わり惜しくも全国大会を逃した。
今年は同じ東関東支部の強豪、市立船橋高校が「3出制度」によって出場しないため、今年こそ全国大会出場を狙い意気込んでいる。
3年生のドラムメジャー竹田航基くんはちょっと気が弱く、顧問のマーチング担当、藤本先生を頼りにしてきた。
藤本先生は東海大相模の卒業生で現在28歳、生徒たちにとっては頼れる兄貴的な存在だ。
しかしそんな彼らを揺るがす問題が発生!
顧問の藤本先生がこの春、熊本の高校に転任することになったのだ。
先生の勤務最後の日、部員全員で藤本先生の為に歌の合唱をする。
涙が止まらない部員たち、そして竹田くんも涙を必死に堪える。
東海大相模マーチングチームの命運は竹田くんに託された・・・!

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/old/next/120425.html

吹奏楽の旅2012  vol.04  精華女子高-2 16:39

高校生の熱い思いと爽やかな風をお届けする、笑コラ渾身の人気コーナー!
過去全国大会で13回も金賞をとった名門、福岡県 精華女子高校の強さの秘密に迫る!!
「1度入ったら脱出不可能」な山奥で行われる、秘密の合宿に潜入!
二泊三日のマーチング漬けの合宿!は、まさにマーチング虎の穴!!!
さらに最終日には「マーチング検定」なるものが行われるという!
その知られざる全貌を一挙大公開!!

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/old/next/120516.html

吹奏楽の旅2012  vol.05  東海大付属相模高-3 18:27

マーチングの旅は、神奈川県・東海大相模高校の新米ドラムメジャーに密着!
1年生の時に観て憧れたステージを、自分で演出することに。
優しく指導してくれた憧れの先輩に捧げる初ステージ!
新米リーダーは無事に大役を務めあげられるか!?
だがそこで、とんでもない事態に!
目には涙が… 一体何があったのか!?

さらに、音楽指導の鬼が登場!
激しいゲキが飛びまくる。
妥協なき音楽作りに部員達は悪戦苦闘。
先生がみんなに伝えたい事とは!!
東海大相模高校・吹奏楽部から目が離せない!

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/next/20120523.html

吹奏楽の旅2012  vol.06  京都橘高-3 16:42

今回は、名門・京都橘高校に密着。
今年は66人の新1年生が加入し、部員不足の問題は払拭。しかし安心も束の間、今年のコンテスト規定の変更に大問題が!『ピット楽器の禁止』。
ピット楽器とは、床に置き演奏するドラムセットや大型パーカッションなどを指す。
迫力あるサウンドを作り出すため京都橘は大型のピット楽器を使ってきた。
これをすべて持ち運べる楽器に変更しなければならない…。
そんな中、新1年生が5月に開かれるイベント「ブラスエキスポ」に出場することに。
夢の初舞台へ向けて必死に練習を重ねる新1年生。
しかし…彼らの前に容赦ない現実が立ちはだかる!
思うように演奏出来ない自分へ苛立ち、悔し涙…
本番前日も先輩から檄が飛ぶ!新生京都橘の初舞台は一体どうなる!?

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/next/20120613.html

吹奏楽の旅2012  vol.07  精華女子高-3 19:39

マーチングの旅は「日本一の呼び声も高い」福岡県・精華女子高等学校。
全日本マーチングコンテストでは13回連続金賞!
そんな強豪校で、大会に1度も出場したことのない3年生中田さんに密着。
レギュラーをかけた運命のオーディション!
これがラストチャンス!!しかし…
そこには、妥協を許さない厳しい音楽の世界が!
中田さんはこの試練を乗り越え、夢をつかめるのか!
福岡・精華女子から目が離せない!!

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/next/20120620.html

吹奏楽の旅2012  vol.08  東海大付属相模高-4 16:59

今回は、名門・神奈川県 東海大付属相模高校に密着。
毎年大人気の東海大相模の定期演奏会。本番が迫り、練習に励む中、先生の怒号が教室に響き渡る!
先生からの「退場」宣告に次々と合奏を外れ教室を出る部員たち。
楽器倉庫で念入りに練習をして再チェックをしてもらうがまたまた「退場」宣告。
東海大相模の「まゆゆ」こと1年生部員小原さんの目にも涙が…
定期演奏会当日の練習時間にも先生の檄が飛ぶ!
果たして定期演奏会は無事成功するのだろうか!?
また、全国大会を目指す彼らの演奏を聴いた先生の思いとは…?

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/next/20120711.html

吹奏楽の旅2012  vol.09  京都橘高-4 14:57

今回は、華麗なステップで魅せる伝統校・京都橘高校に密着。
今年は66人の新1年生が加入し、部員不足の問題は払拭。
しかし、1年生のマーチング経験者は12人だけ、しかも指導に当たる3年生が23人しかいない為、3年生は1年生を指導するのに一苦労!
そんな中、新1年生が6月に開かれるイベント「3000人の吹奏楽」に出場することに。
例年ならマーチングの基礎練習に励み、基礎を固めるこの時期だが、今年は早くも1年生にシング・シング・シングの振り付けを教えなければならない。
果たして、例年より早く1年生に踊りまで課すという決断は実を結ぶだろうか!?
しかし…彼らの前に容赦なく厳しい現実が立ちはだかる!
思うように演奏と踊りが出来ない苛立ち、悔し涙…
本番前日も先輩から檄が飛ぶ!京都橘の今年の演技は一体どうなる!?

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/next/20120718.html

吹奏楽の旅2012  vol.10  精華女子高-4 14:16

マーチングの旅は、全国大会で過去金賞を13回獲得した強豪、福岡県の精華女子高校!
全国大会への第一関門、福岡県大会に密着!
ここを勝ち抜かなければ全国の舞台にはもちろん立つ事は出来ない。
大会直前まで、藤重先生の「出て行け!」の怒声が飛ぶ中、本番を迎えた精華女子!
演奏後、チームリーダーと指揮者役ドラムメジャー2人は号泣、その訳は…
そして、精華女子、福岡県大会の結果は…

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/next/20120829.html

吹奏楽の旅2012  vol.11-1  東海大付属相模高-5 16:12

吹奏楽の旅2012  vol.11-2  精華女子高-5 16:13

マーチングの旅まずは、神奈川県・東海大相模高校。
3時間スペシャルのテーマ「頑張る若者」登場!
今回の東海大相模は、目前に迫る神奈川県大会に密着!!
今日も矢島先生の「退場」の声が響き渡り気づけば教室には、誰もいなくなる事態に…。
体育館では遠くからでも問題の箇所を指示できるようにする「ゼッケンシステム」が導入され効率を上げる作戦を実行!
そこでユーフォニウム担当1年生の白旗くんに予想外の非常事態が!
8月に入ると長野県の山中での過酷な合宿が開始。
ここで今回の演奏の口火を切るスネアドラム担当1年生の山本くんに、先輩がスティックを投げ上げるパフォーマンスを授けたが、前日の通しリハーサルでは山本君のスティックアクションは成功することなく演奏が開始。
安全策をとり先輩からスティックアクション封印令が…
そしてついにやってきた本番当日。スティックアクションが禁じられていた山本くんの手が動いた…まさかの先輩の命令破り?
そして県大会の結果は!?

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/next/20120919.html

吹奏楽の旅2012  vol.12  京都橘高-5 10:04

今回は、京都橘高校に密着。
橘の十八番、「sing sing sing」その迫力あるサウンドを作り出すドラムセットや大型パーカッションだが、今年のコンテスト規定の変更により、これらを床に置き演奏する事が禁止に!
持ち運べる様に改良しなければいけないという事態に頭を悩ませるのだが…このピンチを救う救世主が現れた!!
その救世主とは、部長 鳥越(とりごえ)さんの祖父、円山昌昭(まるやままさあき)さん。この方、実はスゴイ人だった!
機械製作のプロフェッショナルの円山さんが考案したスーパー兵器はなんと、バスドラムなどを持ち運べる様に組み立て、上げ下げも可能に!さらには!グルグルと回す事も出来てしまうのです!!!
この新兵器を駆使し、新生京都橘はどんな演奏を見せてくれるか、ご期待あれ!

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/next/20121031.html

吹奏楽の旅2012  vol.13  東邦高 14:52

マーチングの旅は、部員が100人を超える高校が多い中、部員数たった41人の新たな学校に密着!!
3年生13人中、中学時代の楽器経験者はわずか4人ながら、既に県大会を突破し、次の支部大会に向け猛練習!!
観客に受け入れられ易い楽曲で全国大会を目指す!!
果たして、その実力とは!?
さらに、竹刀を持った超おっかない先生も登場!!
竹刀片手に怒号が飛び交う中、ステップワークが合わない事態に!!
支部大会目前!!
マーチング編、新たな高校から、もう目が離せない!!

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/next/20121114.html


取材期間10か月 笑ってコラえて!「マーチングの旅2012」
遂に完結!

祈り  そして誇りを胸に
全国の頂点を目指せ!
3時間半スペシャル
in 国技館

全国の頂点を目指す!! 福岡県 精華女子高校
昨年の銀賞だったことへのリベンジ「全国金賞」を誓う! 京都 橘高校
強豪ひしめく東関東支部で全国出場をかけ千葉の3強に挑む! 神奈川県 東海大相模高校
熱血先生と部員わずか41人で全国出場を目指す! 愛知県 東邦高校
笑ってコラえて!はこの4校に完全密着!!
全国大会の舞台「大阪城ホール」に辿り着けるのは全国からわずか25団体のみ。
果たして彼らを待ち受けるのは歓喜か?それとも涙の結末か?

ゲストは、ブラストでおなじみの世界的パーカッショニスト石川直さん
さらにさらに今回は番組史上初!「両国国技館」からの3時間半スペシャル!!

引用:http://www.ntv.co.jp/warakora/next/20121205.html

吹奏楽の旅2012  vol.14-1  東邦高 32:20

愛知県・東邦高等学校
全身漆黒のジャージ、全員オールバックの硬派な出で立ちに、思わず目を奪われる全国大会6回出場の名門・東邦高校。
熱血先生とドラムメジャーの3年生中心に、気合いの入った厳しい練習を行っていた。
3年生たちに昨年の事聞くと、涙ぐむほど「全国出場」への思いが強い。
というのも、昨年度は支部大会でまさかの「ダメ金」。
代表の座を全国大会初出場の高校に奪われてしまい、伝統が途絶えてしまった。今年は再起を懸ける!
部員数が100人を超える強豪も多い中、東邦高校は41人の少人数。
だが「津軽海峡冬景色」をはじめとする純和風な名曲に合わせ、30m四方を縦横無尽に駆け巡る彼らの豪快な演技は、大バンドにも引けを取らない。
そして臨んだ東海支部大会、東邦高校は全国代表に返り咲く事が出来るだろうか?

吹奏楽の旅2012  vol.14-2  精華女子高 31:32【工事中】

福岡県・精華女子高等学校
地味なジャージに身を包み、とても女子校とは思えないパワフルな演奏で観る者を魅了する精華女子。
全国に名を轟かす吹奏楽の強豪で、マーチングだけでなく座って吹く吹奏楽コンクールでも何度も全国大会金賞を受賞してきた。
今年、精華が選んだ曲は東京オリンピックメドレー。
その中でトランペットのソロをかけて熾烈な争いが勃発。候補は親友同士の2年生2人。
1年生ながら去年の全国大会で堂々たるソロを吹いた生徒と、初めてのソロを狙う生徒の2人だ。
何度も2人のソロを試す先生、どちらがソロを吹くのか決まらないまま、支部大会の朝を迎えてしまった。果たしてソロを吹くのはどちらか?
そして先生が大会直前で出したのが「作戦C」。いったいどんな作戦なのか?
あの伝説のサウンドを作り上げる秘密が明らかになる!?

吹奏楽の旅2012  vol.14-3  京都橘高 34:36

京都府・京都橘高等学校
昨年に引き続き2年連続で取材を行った京都橘高校。
オレンジ色のひと際目立つ衣装で踊る「シング・シング・シング」を吹きながらの激しいダンスは、今や全国大会の名物。「オレンジの悪魔」たちは近年、毎年全国金賞を受賞していた。
しかし、昨年の全国大会では銀賞。3年生達は号泣し、残された後輩たちは、先輩たちの前で今年の「全国で金賞」を誓った。
そして今年、彼らの行く末を見届けるため学校を訪れると、新入生が66人入部、京都橘は113人のビックバンドになった。人数不足が解消され、迫力のある演技が出来るようになるはずだった。
しかし人数の急激な増加のため今度はなかなか演技や演奏がまとまらない。
ある日練習先の体育館で、関西の強豪、大阪桐蔭高校の練習を目の当たりにする。
音、動きともに自分たちとの実力差は歴然。ショックを受ける彼ら。
しかし、目指すのは「全国金賞」このままでは終われない。
夢を実現させる為、まずは支部大会に挑む。そこで驚異の秘密兵器も登場!
果たして、オレンジの悪魔たちは昨年のリベンジを果たし「全国金賞」を掴みとることが出来るのか?

吹奏楽の旅2012  vol.14-4  東海大学付属相模高 33:28

神奈川県・東海大学付属相模高等学校
巨人軍の原監督や、柔道の山下泰裕氏などを輩出したスポーツの名門校として名高い東海大相模。
長い伝統を持ちながら東海大相模吹奏楽部は全国大会になかなか出られない。
というのも、東関東支部は「千葉の3強」と呼ばれる千葉県勢が毎年代表の3枠を占めているからだ。
しかし、今年は3校のうち1校が規定で不出場という千載一遇のチャンス。
その1枠を狙い、東海大相模と松戸六実の厳しい代表争いが巻き起こる。
東海大相模は「誰もが輝ける場所を作る」という先生の方針で、吹奏楽コンクールに出場するメンバーと、マーチングコンテストに出場するメンバーが峻別され、マーチングメンバーは初心者の1年生が大半を占める。
今年の曲「海兵隊讃歌」の目玉は「シンバルアクション」そのシンバル隊の中心も1年生で構成されている。「シンバルは耐える事」、重いシンバルを抱え、雨の中、太陽の照りつける中、汗を流す。
東海大相模ファイアーバーズは、新米シンバルラインのまばゆい光とともに、質実剛健なマーチを全国大会で吹き鳴らす事は出来るだろうか?

吹奏楽の旅2012  vol.14-5  全国大会 31:06

番組ではもちろん、全国大会「全日本マーチングコンテスト」も取材、その様子を放送します!!
果たして大阪城ホールのアリーナに辿り着く高校は?

そしてマーチングスペシャルなのになぜか、スタジオを飛び出し番組史上初!「両国国技館」で収録。
という事は・・・まさかの????

何が起きるかわからない、年に一度高校生の祭典
笑ってコラえて音楽祭
吹奏楽の旅2012完結編
「祈りそして誇りを胸に」
全国マーチングバンドよ、頂点を目指せ!
国技館3時間半スペシャル!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。