プロフェッショナル 仕事の流儀

第353回 2018年3月26日(月)

 

活水学院吹奏楽団音楽総監督 藤重佳久先生

高校吹奏楽の“カリスマ”と呼ばれる男が、長崎の女子校にいる。
音楽監督・藤重佳久(63)
かつて部員わずか5名の福岡の吹奏楽部を育てあげ、全国大会で26回もの「金賞」を受賞。
世界大会でも、2度の世界一に輝いた、比類ない実績を誇る。
3年前には、全くの無名校だったこの長崎の高校に赴任。
その年、いきなり吹奏楽の全国大会出場を果たし、“奇跡”と評された。

去年、3年生にとって最後の大会、「マーチングコンテスト」に向けた練習が始まった。
マーチングは、演奏をしながらさまざまな隊列を組むため、演奏の技術だけでなく、体力や気力も求められる複雑な競技だ。
これまで、マーチングでは全国出場を果たしていない藤重たち。
難解なオリジナル曲で勝負に出る。
しかし、大会直前までなかなか曲が完成しないというアクシデントや、大きなプレッシャーに体調を崩す生徒も現れる。
果たしてその指導で、生徒たちの思いをかなえることができるのか。
藤重と120人の少女たちが挑む、涙あり笑顔ありの2か月に密着。

引用 NHK公式サイト
http://www.nhk.or.jp/professional/schedule/index.html

 

50分の番組ですが、高画質にすると2GBを超えてしまいました。
2分割してあります。

いまこの瞬間に、全力を(前編)

20180326 プロフェッショナル 仕事の流儀 第353回

 

いまこの瞬間に、全力を(後編)

20180326 プロフェッショナル 仕事の流儀 第353回